あふぇりえいと

2012年11月15日木曜日

強烈さがクセになる? 滋賀の「鮒鮨」は琵琶湖産の天然魚

強烈さがクセになる? 滋賀の「鮒鮨」は琵琶湖産の天然魚

全国各地のアンテナショップが集結する東京・有楽町の東京交通会館。2階に上がると、1階や地下の賑わいとはうって変わって、いつでも静かだ。

ニゴロブナを塩と米で1年ほど漬け込んで発酵

ひこにゃんもびっくりの味?
ひこにゃんもびっくりの味?
   そんななかに、滋賀県のアンテナショップ「ゆめプラザ滋賀」もある。観光情報の提供やお土産品の販売を行っており、彦根市の人気キャラクター、ひこにゃんのグッズも少々。そのひこにゃんに倣ったわけでもないだろうが、店内はわりとゆるい雰囲気である。
   店先の小型冷蔵ショーケースには、滋賀が誇る伝統食の鮒鮨(ふなずし)が数種、販売されていた。この鮒鮨は「すし」と言っても、すし飯の上に魚が乗っているあのすしとは違う。琵琶湖の固有の魚であるニゴロブナを、塩と米で1年ほど漬け込んで発酵させたものだ。

続きはこちら・・・

0 件のコメント: